キャットフードの安全性について考えてみましょう

アイムスでのシニア猫用の「11歳以上用」について

こちらのアイムスも、あのドッグフード・ブランドの1つでも有名なペディグリーやシーザーなどと同じく、マースインコーポレイテッド社が扱う、犬猫用のぺットフード・ブランドの一種でもあります。

 

今回の記事においては、このアイムスのうちで、キャットフードの製品であるシニア猫用の「11歳以上用」のものに付いて触れてみます。

 

正式名称を「11歳以上用 毎日の健康サポート チキン」と呼ぶものですが、550gと1.5sの2種類の重量配分からなる製品仕様になっています。

 

安全なキャットフードがおすすめ

 

 

犬類の動物に比べて体型が小柄ですので、詰めるフードの量などもドッグフードよりかは少なめなような感じでもあります。

 

そして、配合をされているタウリンとコリンによる働きなどで、目や心臓、肝機能での健康維持面のサポートをする作用をもたらしたりしますので、これなどは愛猫が生きていく上での、この製品による健康促進効果といえます。

 

そして中でも、猫にとっては重要な、関節部稼動面においての健康維持という配慮がとても特徴的といえます。

 

原材料であるチキンに含まれているグルコサミンの働きで、とくにシニア期に掛かりやすい関節部における負担の軽減化による健康維持の効果といったものをもたらしますので、そうしたサポート面においての、猫の関節部での健康維持という面において、かなり高い評価があります。

 

その他、様々な健康維持の面での、この11歳以上用による愛猫へのサポート効果といったものがありますが、

 

それらは何れもマース社による判断で、信頼できる獣医師による知見を用いてそれに基付き開発がなされている製品類でもありますので、社会的信頼性の面においてもそれが厚く、これが間違いなくこの製品の人気の高さの秘訣ともいえます。

 

安全なキャットフードがおすすめ

 

 

そして1日あたり与えるべき量の設定なども、マース社はきちんと開発研究データなどに基付いて表記をしており、体重が2sから最大の7sまでの5段階からなる体重別での算出がなされている仕様になっています。

 

このため、それぞれのご家庭にいる愛猫毎の体重でのフードの摂取量がわかるようになっていますので、とても助かります。

 

ただ、今までの他の製品の部類からこの製品へ替えたりする際には、いきなり替えたりするような事はせずに、少量ずつ11歳以上用を与えながらそれを徐々に量を増やしていくなどといった感じで、替えていくような工夫が大切です。

 

いきなりは下痢や便秘などを愛猫自身が起こしてしまう可能性がありますので、慎重さがある程度必要になります。

 

 

以上が、アイムスでのシニア猫用の「11歳以上用」についての記事内容になります。

 

安全なキャットフードがおすすめ