キャットフードの安全性について考えてみましょう

国産で安全なキャットフードはないの?

■国産のキャットフードは不安?

 

スーパーやホームセンター、最近ではコンビニでも様々な種類のキャットフードが売られています。こういったお店で売られているものは、そのほとんどが国産のキャットフードです。

 

実は、ブリーダーやベテランの猫飼いの人の多くが国産のキャットフードを避け、ペットショップやインターネットでしか購入できない外国産のキャットフードを利用しているのです。

 

その理由は国産のフードが外国産のものに比べて品質や安全性の面で不安が多いからです。

 

ここでは国産のフードのメリット・デメリットや、国産でも安全性の高いおすすめのキャットフードについてご説明したいと思います。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

■国産のキャットフードのデメリット

 

外国産のキャットフードと比べた国産フードのデメリットとはなんでしょうか?

 

まず、原材料の質が外国産のものよりも劣る点です。外国産のフードの多くは、原材料の大部分を肉や魚などのタンパク質が占めています。

 

これは猫が本来肉食動物だからですが、一方国産のものはメインの原材料が穀物であるものがほとんどです。

 

穀物や肉・魚に比べて安いため、これによってフード自体の価格を下げることができるのですが、猫によっては穀物にアレルギーがあったり、消化不良などを起こしてしまう危険もあります。

 

さらに、国産のフードは猫の嗜好性を高めるために合成着色料や人工甘味料、人工香料などで猫の好む味に味付けされているものが多く、こういった添加物の摂りすぎも猫の体に悪影響を与えてしまいます。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

■国産のキャットフードのメリット

 

しかし、国産のフードにもメリットはあります。

 

一つは価格が安いこと。外国産、特にプレミアムフードと呼ばれるキャットフードは、1kg3,000円以上するものも珍しくありません。

 

学生の一人暮らしやお子さんがたくさんいて何かとお金がかかる過程でこのレベルの食事をキープするのは難しい場合もあるでしょう。

 

 

また、手軽に購入できるのもメリットの一つです。外国産のフードは基本的にペットショップやインターネットショッピングサイトでしか購入できません。

 

気づいたらフードが空っぽだった!といったときに近くに購入できるお店がなければ大変不便です。

 

また、何かあった時に気軽にメーカーに問い合わせができるのもありがたいです。外国のメーカーではそうもいきません。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

■国産でも安全なキャットフード

 

国産のフードは不安、とはよく言いますが、すべての国産フードが危険なわけではありません。

 

「ストルバイケア」「メディフィクス」「ワンフー」「jpスタイル和の極み」などは、香料・着色料は不使用で、保存料も安全性の高い自然由来のものが使われています。

 

また「みのり」は国産のプレミアムフードで、タンパク質が50%と豊富で、原材料もこだわりぬかれた良質なものが使われています。

 

ただしお値段が200g当たらい972円とかなりお高いので、特別な日のフード、としてラインナップの一つに取り入れるのがいいのではないでしょうか。

 

キャットフードのおすすめ選び方