キャットフードの安全性について考えてみましょう

安いキャットフードの安全性ってどうなの?

キャットフードは、安いものなら1kg数百円程度のものから、高いものだと1kg4,000円以上するものまで金額にかなりの差があります。

 

高いキャットフードなんてキャットショーに出場するような猫やお金持ちに飼われている猫用、 なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

 

でも実は安いキャットフードには安全性の面でかなり問題があるものがおおいのです。この記事を読んだら、きっと愛猫に安いキャットフードを食べさせようなんて思う飼い主はいなくなるのではないでしょうか?

 

ここでは安いキャットフードのちょっと怖い話をさせていただきます。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

安さの理由は原材料

 

安いキャットフードの、その安さを実現しているもっとも大きな要因は使われている原材料です。

 

猫は本来肉食動物なので、キャットフードも理想的には肉だけを使うのがベストです。

 

ただし肉100%では肥満や栄養の偏りといった危険もあるため、野菜やフルーツなどが少量含まれていることが多くなっています。

 

しかし、ここで穀物を使っているフードには要注意です。穀物は肉に比べて価格が安いため、嵩増しのために大量に配合されているケースが多いのです。

 

しかし猫は肉食動物なので穀物の消化を得意としていません。こういったフードを食べ続けていると、胃や腸に負担がかかり身体を壊してしまう危険もあります。

 

また、いくら肉が豊富でも粗悪な肉が使われている場合もあります。たとえば「肉副産物」と呼ばれているもの。これは内蔵や血液、骨、毛皮、爪など哺乳類の肉以外の部分すべてを指しています。

 

これらを燻製したり粉末にしたりしてキャットフードに混ぜ込んでいるのです。また、「4Dミート」と呼ばれるものも非常に危険です。

 

4DとはDead(死んでいる)、Dying(死にかけ)、Diseased(病気)、Disabled(障害)のことを指し、つまり交通事故にあったり病気にかかった動物の肉が使われているのです

 

 

添加物にも注意

 

安い粗悪な材料を使っていては当然、猫の食いつきだって悪くなります。これを解決するため、安いキャットフードには猫の好む香りをつけて猫の食いつきをよくしています。

 

また、人口着色料を使ってフードをおいしそうに見せている場合もあります。ただし猫は食べ物の色で食欲を掻き立てられることはありません。

 

これは猫ではなく、キャットフードを購入する飼い主に、おいしそうに見せるために行われていることだと考えられます。

 

キャットフードのおすすめをご紹介します

 

 

 

安いけど大丈夫?と思ったら

 

このように、安いキャットフードは安全性の面でかなり不安があります。だからといって、お店で売られている中で一番高いフードを買えばいいのかというとそういうわけでもありません。

 

このキャットフード、安い気がするけど大丈夫?と思ったら、まずは袋に記載の原材料をチェックしましょう。以下のものが記載されている場合は要注意です。

 

 

・BHA・BHT(酸化防止剤)
・エトキシキン(酸化防止剤)
・赤色3号、青色40号など(合成着色料)
・副産物
・ミール(4Dミート)
・穀物

 

キャットフードのおすすめ選び方