キャットフードの安全性について考えてみましょう

食いつきの良いキャットフードは危険!?安いフードと高いフードの違いについて

 

キャットフードを変えたことで猫の食いつきが悪くなってしまった、という経験のある方も多いのではないでしょうか?キャットフードの味や香り、粒の形状によっては猫の好みに合わなかったりということはよくあることです。

 

それまで与えていたキャットフードを切らしてしまったため、とりあえず一時的に買った安いキャットフードが意外なほど食いつきがよかった、なんてこともあるでしょう。

 

しかし、安価で食いつきの良いキャットフードに出会えたからと言って手放しで喜ぶのは危険です。ここでは食いつきの良いフードの裏に隠された、安いフードと高いフードの違いについてご説明します。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

食いつきの良さの理由は添加物?

 

キャットフードの食いつきに良さにはさまざまな理由があります。たまたまそのフードの味や形状が猫の好みに合っていたという場合もありますし、原材料に使われている肉や魚の質がいいから、という場合もあります。

 

しかし、原材料の質が悪いにも関わらず、香料など人工の添加物を大量に使用することで猫の好みの味を作り出し、それによって食いつきの良さを実現している場合もあるのです。

 

特に国産のキャットフードはチキン味やマグロ味など様々な味付けがあり、袋を開けた瞬間からかなり強い匂いを発するものも少なくありません。

 

これらはほとんどが、添加物によって作り出された味や匂いだったりするのです。人間の体にもよくない人工添加物、当然猫の体にだって良いわけがありません。

 

値段の安い国産のキャットフードで、やけに猫の食いつきがいい場合には添加物の使用を疑った方がいいでしょう。フードのパッケージに記載されている原材料表記を一度しっかりと確認してみましょう。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

プレミアムフードに変えると食いつきが落ちる?

 

アメリカやイギリスなどの海外で製造されている高価なキャットフード、いわゆるプレミアムフードと言われているものは、厳しい規格の元で作られているため無添加のものが多くなっています。

 

そのため、国産のものに比べて匂いが薄く、一見あまり猫の食欲をそそらないように感じます。実際、国産のフードからプレミアムフードに変えると、一時期猫の食いつきが落ちる場合もあります。

 

しかし、プレミアムフードは使われている原材料が肉や魚メインであり、材料の質も人間が食べても問題ないほど良質なものが使われているため、フード自体の味は添加物満載のフードよりも断然上です。

 

プレミアムフードに変えて食いつきが落ちたとしても、しばらく様子を見ながら与え続けてみてください。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

安全性と食いつきの良さを満たしたキャットフードは?

 

安全性・食いつきの良さ両方の面で優れている安全なキャットフードとして、ここではシンプリーのキャットフードをおすすめします。

 

シンプリーは原材料の70%近くがサーモンで、着色料・香料などの添加物は一切使用していないにもかかわらず、ユーザー調査では食いつき率100%という結果が出ています。

 

子猫から高齢の猫まで長い期間安心して食べさせることのできるプレミアムフードです。

 

キャットフードのおすすめ選び方