キャットフードの安全性について考えてみましょう

安全なキャットフードを選びたいなら無添加タイプがおすすめ

■安全なキャットフードを選ぶなら無添加のものを!

 

お子さんがいる人なら、自分のお子さんが食べるものはできるだけ無添加のものを選んでいる、という方が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、お子様がいない人だって、自分の家族が食べるもの、自分自身が食べるものにはなるべく添加物の使われていないものがいい、というのが一般的な意見でしょう。

 

そしてそれは人間だけでなく、ペットの猫に対しても同様でしょう。

 

キャットフードにも添加物が使われているものがあれば、完全な無添加のキャットフードもあります。

 

しかし残念なことに、スーパーやホームセンターなどで手軽に手に入る市販のキャットフードは、そのほとんどに大量の添加物が使われているのです。

 

ここでは市販とそうでないキャットフードの違いや危険な添加物についてご説明します。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

 

■市販されているものとプレミアムフードの違いは原材料

 

普段市販のキャットフードを利用している方は、市販されていないいわゆるプレミアムフードの価格の高さにまずびっくりしてしまうのではないでしょうか?

 

ざっとみても市販品の3倍近い価格のものも珍しくありません。この価格の違いの大部分は使われている原材料にあります。

 

プレミアムフードはそのほとんどが肉や魚で構成されています。一方市販の安いフードは原材料の大部分がトウモロコシなどの穀物、肉や魚が使われている割合はごくわずかです。

 

さらにそのわずかな肉や魚でさえ、非常に質の悪い材料が使われていたりするのです。

 

たとえば、病気になった動物の肉や事故死した動物の肉、爪や羽、骨など肉以外の部位を燻製して粉末状にしたものなのです。

 

とてもじゃないけど人間が口にできるようなものではありませんし、猫にだって決して良いとは言えない粗悪な品質の材料を使うことで、コストダウンを図っているのです。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

■食いつきの良いフードには要注意

 

そんな粗悪な材料を使って作られたキャットフードがおいしいわけはありませんよね。

 

しかし、市販の安いキャットフードって意外なほど猫の食いつきがよかったりするのです。

 

その理由が大量の添加物です。材料の質の悪さをカバーするため、市販の安いキャットフードには香料や着色料などの人工添加物が大量に使われているのです。

 

安い割にやけに食いつきがいいな、と感じたら要注意です。そういったフードは安全性の面でかなり問題のある可能性が高いです。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

■入っていたら危険な添加物

 

ここでは特に危険な添加物をご紹介します。

 

・エトキシキン
酸化防止剤として使われるエトキシキンは癌やアレルギー、皮膚病の恐れがある成分です。

 

・BHA
こちらも酸化防止剤として使われ、特に肝臓への悪影響の恐れのある成分です。

 

・BHT
これも酸化防止剤で、抜け毛や痩せやすくなる恐れがあります。

 

・亜硝酸ナトリウム
保存料として使われ、発がんリスクを高めます。

 

・〇色〇号などの着色料
人工着色料はどれも発がんや発病のリスクを高めます。

 

他にもいろいろと危険な添加物はありますが、原材料表記だけから危険か危険ではないかを判断するのは難しいでしょう。やはり、「無添加」と宣言されているキャットフードを選ぶのが間違いありません。

 

キャットフードのおすすめ選び方