キャットフードの安全性について考えてみましょう

ウェットフードタイプのキャットフードの安全性について

ウェットタイプのキャットフードの特徴と安全性は?

 

キャットフードにはドライタイプとウェットタイプの2種類があります。

 

ドライタイプは袋に入った粒状のスナックタイプのもの、ウェットタイプは缶詰やパウチ状のものですね。何となく見た目はウェットフードの方がおいしそうだし、値段もドライフードより高めなのでウェットフードの方がいいのかな、と思ってしまいますが実際のところどうなのでしょうか?ウェットフードの特徴や安全性についてご説明します。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ウェットフードのメリット

 

ウェットフードはドライフードよりも柔らかく、高たんぱくかつ高カロリーに作られています。そのため、少量でも十分にエネルギーを摂取することができるため、高齢の猫や、まだ歯が弱くしっかりとドライフードを食べることのできない子猫の食事に適しています。

 

また、病気で食が細くなってしまったときに一時的にウェットフードに切り替える場合もあります。

 

ウェットフードはドライフードに比べて香りが強く、猫の食欲をそそります。そのため、あまりドライフードを食べてくれなくなった猫の食生活改善のために与えるのにも適しています。

 

ウェットフードは水分量も多いので、水をあまりちゃんと飲まない猫や水分が不足しがちな夏場の水分補給にも役立ちます。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ウェットフードのデメリット

 

一方でウェットフードにはデメリットもあります。

 

まずは水分を多く含むため、ドライタイプのフードに比べて傷みやすく、長期保存ができません。柔らかいため歯につきやすく、虫歯の危険が高くなることや、子猫の頃からずっとウェットフードばかり与えていると顎が鍛えられないといったデメリットもあります。

 

また、価格もドライタイプのものと比べて高めの設定となっています。ただしこの点は、1度に使う量がドライタイプよりも少なくて済むのでそれほど大きなデメリットとはならないかもしれません。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ウェットフードの安全性

 

ウェットフードを選ぶとき特に注意が必要なのが安全性です。

 

ドライフードは総合栄養食であるものが多いのですが、ウェットフードは総合栄養食ではなく、一般食や補助食と呼ばれるものが多いのです。

 

総合栄養食とは、AFFCO(全米飼料検査官協会)やFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)といった栄養基準局の基準をクリアした、猫に必要な栄養素を補うことのできるフードのことです。

 

栄養基準局の基準の中には、安全性に関する基準も定められています。そのため、ウェットフードを選ぶ際にはできるだけ総合栄養食として作られたものを選ぶのがいいでしょう。

 

また、ウェットフードは水分が多いために一度開封してしまうと日持ちしません。そのため、なるべく1日で食べきれる量の商品を選ぶようにしましょう。なお、開封前であれば長期保存も可能です。

 

ウェットフードの強い香りからもわかる通り、人工の香料が使われているものも多いので、できるだけ人工添加物が使われていないものを選ぶことをおすすめします。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方