キャットフードの安全性について考えてみましょう

ドライタイプのキャットフードの特徴と安全性

トライタイプのキャットフードは「カリカリ」とも呼ばれる、粒状のキャットフードです。

 

水分の含有量が10%以下のものがこのドライフードに分類されます。海外のペットフードメーカーだと、このドライタイプのフードしか作っていないようなところも多いようです。

 

ドライフードしかあげていないという方もいれば、缶詰やパウチ状のウェットフードとドライフードを併用しているというご家庭もあるでしょう。

 

ここではドライタイプのキャットフードの特徴や安全性についてご説明したいと思います。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ドライフードのメリット

 

まずはドライフードのメリットからご紹介しましょう。

 

ドライフードは水分含有量が少ないため、開封後でもある程度の期間保存が可能です。

 

だいたい1か月程度であれば問題なく使用できるでしょう。価格はピンキリではありますが、ウェットフードと比べれば大容量で安価なので、普段の食事はドライフード、病気や特別な時だけウェットフードをあげるようにしている飼い主の方も多いのではないでしょうか。

 

また、ドライフードは硬く、しっかりと噛まなけれがいけないので結果的に猫の顎を鍛え、ついでに歯石の除去をすることができます。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ドライフードのデメリット

 

ドライフードにはデメリットもあります。

 

ドライフードは水分量が少ないため、フードと一緒に水分もしっかりととる必要があります。

 

ドライフードばかりを与えていると、水分不足になって尿路結石や便秘になってしまう場合もあります。

 

猫によってはあまり水を飲まなかったりしますので、食事のたびに水をしっかり飲んでいるか、飼い主がチェックしてあげることも大切です。

 

また、特に安全性の高いドライフードは香料などの添加物が一切使われていないものが多いのですが、そのためものによっては猫の食いつきがあまりよくなかったりします。

 

猫が気に入るドライフードを見つけるまでに様々な種類を試すはめになった、という話もよく聞きます。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

ドライフードの安全性

 

ドライフードを選ぶときには、総合栄養食として作られているものを選びましょう。

 

これは、AFFCO(全米飼料検査官協会)やFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)といった栄養基準局の基準をクリアしたキャットフードのことで、安全性や栄養価の面で非常に信頼のおける商品であることを示しています。

 

総合栄養食ではないキャットフードは価格も安いのですが、栄養価が低かったり安全性の面で問題があったりとあまりおすすめできる商品ではありません。

 

また、ドライフードは長期保存が可能、というメリットがあるのですが、これは反面酸化防止剤などの人工添加物が使われている場合が多いことも示しています。

 

海外のプレミアムフードでも一部の商品では危険な酸化防止剤が使われているケースもあるため、原材料はしっかりとチェックして選びましょう。

 

できれば無添加で、酸化防止剤には猫の体への危険が少ない、天然由来の成分が使われているものを選びましょう。

 

 

キャットフードのおすすめ選び方