キャットフードの安全性について考えてみましょう

安全で安いキャットフードは存在する?

安くて安全性の高いキャットフードはないの!?

 

安いキャットフードはなんだか猫の体に悪そうで心配・・・だけど学生の一人暮らしだったり子供の学費やなんやらで大人でさえ爪に火を灯すような節約生活をしている中、猫にだけ高級な食事を与えるのってなんだか違う気がしますよね。

 

そんな状況なら猫なんて飼うな!という意見は置いておいて、安くても安全性の高いキャットフードというものはないのでしょうか?

 

 

プレミアムフードとスーパー・コンビニフードの価格差

 

そもそもペット専門店やインターネットのショッピングサイトなどでしかお目にかかれないような、いわゆるプレミアムフードと、スーパーやコンビニで手軽に手に入る普通のキャットフードとの間にはどれぐらいの価格差があるのでしょうか。

 

どちらも品物によって価格はピンからキリですが、プレミアムフードの場合はだいたい1kg〜2kg前後で3,500円〜6,500円ほどします。

 

g単価約3円ほどでしょうか。一方スーパーやコンビニで購入できるキャットフードは1s〜3kg前後で1000円〜4,000円ほど、g単価では1.5円ほどとプレミアムフードの約半分以下の価格で買うことができます。

 

 

プレミアムフードとスーパー・コンビニフードの違い

 

高いキャットフードは、本来肉食動物である猫の必要とする栄養素や体の機能のことをよく考え、肉をメインに作られています。

 

栄養バランスを考えて野菜やフルーツなどが配合される場合もありますが、大半は肉や魚です。使われる肉も良質なものが選ばれており、さらに保存料や香料、着色料などは一切使われていません。

 

一方スーパー・コンビニの安いフードは肉よりも価格の安い穀物メインで作られています。

 

また、使われている肉も病気の動物や死んでしまった動物の肉だったり、肉以外の部位を肉のように加工したものだったりと非常に品質の悪いものであることが多く、事実を知ればとてもじゃないけど愛猫に食べさせようとは思えなくなってしまうかもしれません。

 

そして大量生産・長期保存のために酸化防止剤が使われていたり、材料の質の悪さをカバーするために着色料や香料で猫の食いつきを誘ったりしているのです。

 

キャットフードのおすすめ選び方

 

 

価格が安いけど安全性は高いキャットフードは?

 

では安くてキャットフードの安全性が高いフードはないのでしょうか?そんなことはありません。主原料が肉であり、添加物不使用のお手頃なキャットフードもあるのです。

 

ユーカヌバは高品質な食材のみを使用し、着色料は無添加、酸化防止剤には安全性の高い天然由来の成分が使われています。さまざまな種類がありますがだいたいgあたり1.5円前後とお手頃価格です。

 

ピュリナワンもチキンが主原料で香料・着色料は無添加、酸化防止剤も天然由来の成分が使われています。これで2kg1,500円前後とかなりの低価格です。

 

ファインペッツは人間が食べても安全という、世界最高品質のフードです。酸化防止剤は使われておらず、通常は1kg2,468円と少々お高めですが、初回のみ540円で購入できるお試しサービスもあります。